熱硬化性樹脂積層管

RISHOLITE®樹脂積層管は紙や布あるいはガラス布に、熱硬化性であるフェノール樹脂やエポキシ樹脂を含浸・半硬化させたプリプレグを所定の枚数に重ね、マンドレルに巻き付け、これに高温をかけながら高圧でプレスして作ります。

プラスチックの管とはいえ、紙や綿布、あるいはガラス布といった補強材が入っておりますので、射出や押し出しで作る管よりも強度に優れます。

【特性】

‣ 電気絶縁性、機械的強度ともに優れ

‣ 難燃性や耐熱性あり

‣ 機械的強度及び耐薬品性に優れ

【用途】

‣ 工業用樹脂パイプで、変圧器油中絶縁筒

‣ ピストンの耐摩耗リング

‣ ベアリング保持器

‣ ローラや芯材 など

【代表的な製品】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です