木製キャビネットのカビやバクテリアの効果的な除去措置

オフィスや住宅の中にあるファイリングキャビネットにはカビが生えやすい場所です。 カビは家具を破損させるだけではなく、実は病気も引き起こします。下記の通りは本棚のカビを除去する方法と、カビを生やさないようにする対策です。

家具にカビが生える原因

家具で繁殖したカビは、健康被害をもたらし、病気の原因になってしまうこともあるのです。それで、できるだけかならず掃除の必要があります。 カビの生えた木製家具を修正するいくつかの方法を検討する前に、この木製家具のカビのいくつかの原因を始めましょう。

天気の原因

これは誰も欲しがらない原因ですが、それでもなお避けられません。 カビは暖かく湿った環境で繁殖する真菌です。 それらは成長して繁殖するのに日光を必要としないので、これらの小さな生物はあなたの流しの下、あなたの壁、または一貫して湿っているほぼすべての表面で成長することができます。

不適切な使用の原因

木家具は、通常に天然木の家具(テーブル)の表面に冷たい水や熱くなりすぎた水を直接置いていること等の不適切な使用によるカビも徐々に発生可能です。

家具の配置 の原因

木製の家具、特に高級な無垢材の家具等は室内の温度変化の影響を受けやすく、湿気に対しても無防備です。特別に家具が壁の近くにある場合、カビが生えやすいです。

家具にカビは発生してしまった場合の対処法

木製家具が長すぎたり、損傷がひどすぎたりしない場合は、次の簡単な方法を適用できます。

日干し

カビやダニは天日干しをしていただきますとカビ菌は死滅します。天気の良い日に、十分な換気をしてから天気の良い日に、十分の換気を行ってから作業をして下さい。かびの胞子は細かいものなので、湿気の多い日に行ったり、換気をせずに処置を行うことは、逆効果です。

ウォッカの使用

軽度のカビにウォッカを噴きかける 軽度のカビ、あるいは日光では取り除く事の出来なかったカビは安価なウォッカを噴きかけましょう。スプレー容器にウォッカを注ぎ、家具全体に噴きかけます。 次に、柔らかい布で柔らかく拭き取ります。

天然素材でカビを防ぐ

私たちの周りには、優れた防湿性を備えたさまざまな種類の天然成分があり、それは次のとおりです。

茶葉:もともと、お茶の成分であるカテキンには抗菌効果や殺菌効果があると言われています。またカテキンには抗酸化効果や消臭効果も期待できると言われています。

茶葉を帆布 袋に入れるか新聞紙等にで包んで出し、 キャビネットの隅、またはカビの危険性の高い場所に配置してください。

コーヒー粉:コーヒー粉は、カビの乾燥と脱臭に適しています。 コーヒーを使用した後、乾燥残留物はバケツ袋または古い靴下に入れられます。 その後、シンプルすぎて防湿効果のあるバッグになりました。

ライム:ライムは未開封のボックスに入れることができます。 雨天時には、キャビネットの隅に置く必要があります。 消石灰はとても良いので、木材のカビのリスクを減らすのに役立ちます。

活性炭:活性炭は、優れた除湿および除湿効果があります。 ただし、周囲のオブジェクトを汚染しないように、ボックスに入れるか、紙に封入してください。

新聞:キャビネットの底に新聞の層で覆うことができ、キャビネットの内側に新聞を貼り付けることもできます。 新聞はカビに対して湿気を吸収できるだけでなく、インクの臭いも虫をはじくことができるからです。

FILM WASAP保湿剤の効果的な使用

フィルムタイプWasaP商品は、木製家具等のカビを防ぐように設計されています。他建材、家具の配置、気象、換気などの条件によってカビ発生の原因となります。 キャビネット、壁、木製の床を保護したい場合は、Wasapの防カビ製品を購入してください。

 

7 thoughts on “木家具にカビが生える対処方法

  1. Pingback: 12bet mobile

  2. Pingback: kardinal stick

  3. Pingback: สล็อตเว็บตรง

  4. Pingback: cc seller

  5. Pingback: wow slot

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です